安定ビジネス構築の第3ステップ_ビジネスモデル

引き続き安定的なビジネス構築に関するお話。私の尊敬する経営者『森本秀樹』さんから学んだ、ビジネスモデル構築のポイントです!

森本さんはFacebookライブ、Youtubeライブなどで、ビジネスの学びを発信されてます。興味のある方はこちらをどうぞ!私から見ても、超有料級の情報を惜しげもなく発信されていて、神はいた!と正直に思っています(笑)

前回までは、ビジネスのステップを、第1ステップ→セールス、第2ステップ→リピート構築、と紹介してきました。第3ステップは『ビジネスモデルの構築』、第4ステップは『マーケティング』です。

今回は、『ビジネスモデルの構築』について

 

ビジネスモデルとは『売上方程式』を設計すること

『ビジネスモデル』というと、様々なものがあります。『製造・物販モデル』、 『継続課金モデル』、『消耗品モデル』、『月会費・サブスクリプションモデル』等々、様々です。こうしみていくと、『ビジネスモデル』ってとても難しく感じるかもしれませんが、実はシンプルで、『売上方程式』を実際に設計すること、を指しています。

 

≪売上方程式≫

売上 = 顧客数(見込み顧客×成約率) × 顧客単価 × リピート率

上記の各ポイントのどこを重視して、それぞれどのような仕組みにするか?を設計することが『ビジネスモデル』を創ることです。

例えば、『見込み顧客』はどのようにゲットするか?

選択肢として、ブログ情報発信によるメルマガリストの収集や、広告によるリスト獲得、口コミによる新規顧客、などなど。

成約率についてはどいう仕組みを持つか?顧客単価は?リピートを創るには?という風に売上方程式にある要素についてその仕組みを設計していきます。

売上方程式の各要素を設計していくのがビジネスモデルです。こうして考えると、収益を上げるために、漏れなく必要なアプローチを検討して、ビジネスモデルを設計できますね!

 

自分の商品・サービスに向いたビジネスモデルを設計する

売上方程式には、ざっとみて『新規顧客獲得』『成約率UP』『顧客単価戦略』『リピート率向上』といった要素があります。これらの全てで100点を目指すのは難しいです。というか不可能かもしれません。それよりも大事なのは、自身の商品・サービスに向いている要素に重点的に力を入れることです。

例えば、森本さんは全くの新規顧客の集客についてはそこまで力を入れないビジネスモデルを構築しています。それは、新規顧客の獲得には労力がかかりすぎるから、であったり、あまりそこについて強みを持っていると判断していないからだと思います(ご本人は集客面倒くさいと(笑))。

なので、新規集客に力を入れなくても回るようにし、『成約率UP』と『リピート率向上』に主点を置いてビジネスモデルを組み立てているそうです。結果、リピート率向上のアプローチが口コミを呼んで、新規顧客獲得につながっていますので、ストレートなリスト獲得の仕組みづくりが正解とは限らないということです。

もちろん、ブログ発信やSNSによる情報発信から、メルマガ、LINE公式などによる見込み顧客へのアプローチをする、王道ともいえるビジネスモデルも、一定の新規顧客獲得が見込めます。これは、情報発信による顧客獲得が得意な方、或いはその方法がマッチしている商品・サービスを扱う場合にとても有効でしょう。

他にも、自身がクロージング力が高い、つまり『成約率』について既に土台があるようでしたら、新規顧客獲得はFacebook広告や、Google広告に任せてしまう、というビジネスモデルがフィットするでしょう。見込み客を集めることさえできたら、あとは自身がセールス力を発揮してしっかりと成約することに特化してしまうという戦略が取れます。

要するに、売上方程式上の要素について、自身の強み、製品・サービスに合った、戦略をたてて、その方法を設計してしまうのが、ビジネスモデルの設計で大切なポイントです。

 

まとめ_自身にあったビジネスモデルの策定

ビジネスモデルというと小難しく感じるかもしれませんが、シンプルに売上方程式の要素、『新規顧客獲得』『成約率UP』『顧客単価戦略』『リピート率UP』について、どのような仕組みを設計するか?ということです。

また、この各要素の全てを満足させるというよりも、自分の得意不得意、自分の扱う商品・サービスに合う要素について、重点的にアプローチするよう設計していくことがポイントです。

自分の強みを生かし、弱みを埋める、そんなビジネスモデル、創っていきたいですね

(^_-)-☆