安定ビジネス構築の第4ステップ_マーケティング

引き続き安定的なビジネス構築に関するお話。私の尊敬する経営者『森本秀樹』さんから学んだ、ビジネスモデル構築のポイントです!

森本さんはFacebookライブ、Youtubeライブなどで、ビジネスの学びを発信されてます。興味のある方はこちらをどうぞ!私から見ても、超有料級の情報を惜しげもなく発信されていて、神はいた!と正直に思っています(笑)

前回までは、ビジネスのステップを、第1ステップ→セールス、第2ステップ→リピート構築、第3ステップ→『ビジネスモデルの構築』と紹介してきました。

ラストの第4ステップは『マーケティング』です。

今回は、マーケティングの基本について。

 

マーケティングとは?

森本さんの教えで、私も共感するところですが、『ビジネスを継続していくなら、ステップ1とステップ2で十分』です。つまり、1→セールス、2→リピート、この2つをしっかりと構築することで、ビジネスは十分に回し続けることができます。

そのうえで、ビジネスモデルをしっかりと構築していけば、更に効率的、効果的なビジネス運用が可能になります。

では、マーケティングは何故必要なんでしょうか?

ここについては、様々な見解が世の中にあると思いますが、一つの考え方として、よりビジネスを効率的、効果的に『拡大していく』ために必要、ということになると思います。

そんなことを前提に、マーケティングの定義を紹介すると、マーケティングとは

『買いたいというお客さんを目の前に連れてくること』

と言うことになります。これは森本さんのお考えであるとともに、私もその通り納得するところです。

セールス力を高め、リピート率を上げたうえで、『買いたいというお客さんを目の前に連れてくる』仕組みができたら、ビジネスは安定的に拡大していきますね。事業拡大が全ての正解ではないですが、お医者さんに例えれば、より多くの人を救う努力にほかなりません。お客さんが幸せになる商品・サービスが手元にあるのであれば、それを多くの人に届けることは義務と言っても良いでしょう。

 

セールスができればマーケティングは不要か?

ここまで、安定ビジネス構築の4ステップと言うことで、セールス→リピート→ビジネスモデル→マーケティングと来ました。そして、事業継続の上では、セールスとリピートという第1、第2ステップで十分であることもお伝えしました。

それでは、セールスができればマーケティングは不要と言うことにならないでしょうか?

この問いの答えは、前回も紹介した、ドラッカーの教えにあると松崎は考えます。

 

<ドラッカーのマーケティングの目的>

『マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである』

実は、ドラッカーによるマーケティングの目的によれば、顧客が何を買いたいか?を顕在化させることがマーケティングにおいて重要なことです。すなわち、顧客のウォンツと商品・サービスをマッチさせること、にほかなりません。

そして、これまでこのブログでお伝えしてきた、セールスのステップでは、『お客さんのニーズの先にあるニーズ(ウォンツ)を満足させる』と言うことを、セールスの趣旨としてきました。

と言うことはです。ドラッカーの示すマーケティングには、お客さんのウォンツを顕在化させるセールスのステップも含まれているということです。

なので、安定的なビジネス構築のステップで最も大事なのは『セールス』だけれども、このセールスと言うのは、単に販売するということではなく、質問によってお客さんの『本当のニーズ(ウォンツ)』を顕在化させることが含まれていて、このことは顧客理解というマーケティングのプロセスに他ならないので、広義のマーケティングにこのセールスは含まれるということです。

なので、松崎はマーケティングと言うと、『顧客の欲しいものを顕在化し、商品サービスと合致させるプロセス』と解釈しています。なので、『集客→教育(ウォンツの顕在化)→販売』の一連の流れの全てに関係しますし、更には顧客のフィードバックによる商品開発も含むものと考えています。

ドラッカーの続いての記述にこんなものがあります。

『マーケティングの理想は、販売を不要にすることである』

お客さんの欲しいものを確実に顕在化し、商品・サービスとマッチングできていたら、『買ってください』と声をかけなくても、『いくらですか?』と向こうから買ってくれますね♪

大事なことは『お客さんのウォンツを顕在化させる』ということで、このことを、集客プロセスに置いている(優れたマーケティング)か、販売プロセスに置いている(優れたセールス)かというだけの違いですね。

 

まとめ_マーケティングとセールス

安定ビジネスの第4ステップは『マーケティング』です。マーケティングにより、ビジネスは更に効率的に拡大することができ、多くの方に貢献できるようになるでしょう。そして、マーケティングの一つの定義は『買いたいというお客さんを目の前に連れてくること』

そのためには、『お客さんの本当のウォンツを顕在化』させることが必要で、それはこれまで紹介してきたセールスプロセスにも含まれています。また、集客プロセスに『ウォンツの顕在化』を入れ込めば、それは優れたマーケティングとなるでしょう。

『理想的なマーケティングは販売を不要にする』しっかりとお客さんの心を捉えて販売不要のビジネスプロセスを構築したいですね!(^_-)-☆